神経伝達機能の低下

疲れが取れない人、疲れを感じやすい人がいます。
疲れは体の脳が傷ついたり炎症が起きている状態です。
神経伝達機能の低下をもたらし、疲労感があらわれます。
どこかで脳を癒してあげないと疲労感になるわけです。
いつまでもつづくと慢性的な脳疲労につながってしまいます。
脳披露には3つのサインがあります。
飽きる
最初の疲労の入り口
一つの作業に集中すると脳の一部を酷使 活性酸素が発生して脳が傷つく
思い切って違う作業をする
眠くなる
脳をリフレッシュさせた方が良いという脳からのサイン
ミスが増える
パソコンの打ち間違いなど
立ったり座ったり、人と話しをしたりするとメリハリのある作業や気晴らしが出来ている、
この行動は飽きることを回避できます。
飽きてから頑張らない方が良いです。