生きていくうえで増えるもの

生きるということは恥を量産しているということなんでしょうか。
一生懸命やっているつもりだし間違えないようにしているつもりでもあるのに、ミスってでてしまいますね。
共通の仕事があるのにやらない人とか、自分勝手な人とか、私用で休んでいる人とかとにかくちょっとした不満の中で働いています。
そんなことはよくあることです。
大きい不満ではないつもりですけど、いつも少しひっかかっている事柄ではあります。
誰かが人を評価する場ではないけれど自分はちゃんとやっているのにという気持ちがあるんでしょうね。
そこで出てくるミスは自分自身の責任なのでガッカリです。
ちょっとした愚痴を吐き出すところがないのも、そして仕事が終わってから恥として思い出してしまうのもいけないところでしょうね。