冷たい湿布、暖かい湿布

基本的にどんなことも、すぐに病院に行くべきだと考えているのですが自分のことだとなかなか決心がつかないものですよね。
体のとこかが痛いということはありませんか?
痛みの初期にしっかり治療することが大切です。
冷たい湿布・・・急性通 打ち身、捻挫、切り傷など炎症を持っている場合には冷たい方が良い。
暖かい湿布・・・慢性痛 血流をよくする必要がある。
幹部に痛み物質があるときに温かい湿布を使う。
ただ温めるとよけいに痛くなる人もいる。
お風呂に入って痛みが楽になる人は温かい湿布、逆に痛みがひどくなる場合は冷たい湿布。
と覚えると簡単です。
痛いからと言って動かないでいると関節も固まってしまうので、
痛みが強いときは安静にしていて、痛みが和らいだら軽いストレッチがお勧めです。