家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症というものがあります。
脂肪の塊がよくできてしまう人があてはまるでしょう。
家族に同じ高いコレステロール値が出来てしまう、遺伝ものです。
皮膚の下に脂肪の塊ができやすいかたや親族にLDLコレステロール値が高い人がいるなどは早めに受診して自分の体のことを理解するこ
とが大切です。
家族性高コレステロール血症の人は心筋梗塞でなくなる人が6割から7割にものぼります。
ほおっておくと46歳以上に発症する可能性が高いのです。
薬でコレステロール値をしっかり下げることが必要です。
医療は日々進化しているので、遺伝だからと諦めるのではなく先手をうつつもりで病と付き合うとその後の人生が変わると先生はおっ
しゃっていました。