血糖値をコントロール

血糖値をコントロールする3つの習慣というのがあります。
朝、起きてからすぐに体重測定と血圧測定する。
一日の初めに自分の状態を知ることが大切です。
3つ目は食事は野菜から食べる。
野菜は両手いっぱいくらい食べるのが目安です。
色を5つそろえるとおいしく見えるようにしましょう。
野菜を先に食べることは、総カロリーを抑えることができるとともに先にご飯を食べるより血糖値の上昇を抑えることができる
透析をしないといけないくらいの人も上記の3つを続けることで効果が出てきたそうです。
合併症の初期は痛くもかゆくもないので進行するまで放置してしまう。
生活の質が落ちてから治療を始めても遅い
平均寿命よりも10念から20年短いという恐ろしい結果も出ています。

新たな薬剤師の役割

薬剤師の新たな役割として考えられるのが、専門薬剤師と呼ぶ、薬剤師職です。 そもそも、薬剤師とは、病院もしくは、薬局により、薬の調剤を行い、尚且つ服薬指導を行い、患者さんへ薬に関するあらゆることを説明、アドバイスを行います。

そんな、薬剤師の中には、専門薬剤師として、きちんと認定されている薬剤師も存在します。 そもそも医療の現場は、高度化が進み、疾病毎に、細分化されています。 しかも新しい薬においても、その作用等が、とても複雑なものですから、それらに対応するには、専門的な知識を持つ薬剤師の存在が重要となります。

例えば、感染症、もしくはがん等そうした、専門性の高い領域における薬物療法を行うためには、それに伴う専門薬剤師が求められる事となり、専門薬剤師が活躍する事により、治療における効果を上げることにつながり、尚且つ薬品に関する医療ミスも防ぐ事となり、副作用に至る問題も平原させる事ができます。 又こうした専門薬剤師の活躍により、副作用の問題、医療ミスの問題が回避できることにつながる上に、経済効果もあげているというデータもある事から、薬剤師における専門薬剤師とは、非常に必要で、重要な存在といえるのです。

こうした専門薬剤師の認定には、日本の場合、がん、感染制御、精神科等があげられ、尚且つ妊婦や授乳婦等における専門薬剤師が誕生しており、高齢者医療、在宅療法というような専門薬剤師等も今では、検討されている事から、専門薬剤師は、非常に医療の現場では重要な存在であるという事が言えるのです。

ちなみに、この専門性を問われる専門薬剤師になるためには、各専門領域により多少事ある部分がありますが、例えば、がんにおける専門薬剤師になるためには、ひとつに、薬剤管理指導業務、抗がん薬注射剤混合調製及び薬物血中濃度モニタリング、緩和ケア等における病院での実技研修を3ヵ月以上行い、がん領域の講習会等における所定の単位を5単位取得すること、時間にすると、およそ10時間程度となりますが、この単位及びがん患者への薬剤管理指導における症例を50症例以上要する事となり、これらの実技、研修を経て、これらの要件を満たしたうえで、尚且つがんにおける研究論文等を発表し、はじめてがんにおける専門薬剤師として認定される事となります。

薬剤師の新たな役割とは、このしたがんや感染症という、領域専門に薬物療法を行う薬剤師が求められる事から、専門性の高い薬剤師が必要=専門性の高い知識を備えていく事が、薬剤師における、新たな役割ともいえるのです。