予行練習をして正解

100円均一のお店で4センチくらいの厚手のパンケーキを簡単につくるキッドを購入しました。
私の狙いはパンケーキではなく、去年から流行りのピザまんもどきをつくる型にしようと思ったんです。
お昼に持って行く前に、一回朝ご飯として試しに作ってみました。
そしたら牛乳がない!
仕方がないのでヨーグルトを代用としました。
卵を入れないから膨れないと思ったのですが、意外と膨れてあふれてきました。
説明書にはフライパンで蒸してからひっくり返すとありましたが、何分もオーバーしてたら焦げてしまいました。
ひっくり返すとチーズとケチャップが台無しだし、このままだとウィンナーが焼けてない。
このシリコンは電子レンジ不可なのでラップに出してレンチンしました。
予行練習をして正解でした。

年内に捨てないと・・・・

年内に捨てないと運気が逃げるモノ、の中に古い下着というのがありました。
古くは無いけど伸びちゃっているのがありますね。
安い下着はやっぱりすぐにダメになります。
かと言って高い下着は買いたくないというジレンマ。
あと素材ですよ。
つるつるしたシルク素材とか見た目はいいけどはき心地もつけ心地も悪い。
無理してつけていたって人から見るわけでもないし、気分が悪い。
そうなると中学生がつけるようなモノになりがちですけど、そちらはやはり安いうえにすぐにだれてしまう。
下着って難しい。
だってまず気にいる素材がないし、あったとしても着用しないとちゃんとフィットするかどうかもわからない。
男性モノはともかく、女性は大変ですよね。

自分のズボラ度

10個の質問のYES・NOで自分のズボラ度が分かるというのをやってみました。
嫌な予感しかしないけれど、結果としてはズボラ度は35%でした!
マシな方で良かった~と思ったけど、内容はおおらかだけど自分自身のマイルールのある人で生活ラインが決壊することはないタイプです。
ただ、たまになにもしたくなくなるほど疲れることがあるようですって、それは誰にでもあてはまることですよね?
占いとか心理テストとかって、結局はいろいろな人にあてはまるようなことが書いてあるので、そういうところに気が付くとやっぱり振り回されてはいけないなと思います。
良いことが書いてあったら嬉しいんですけどね。(笑)
話し半分で受け入れるのが一番かなって感じです。

賽銭泥棒なんて罰当たり

賽銭泥棒なんて罰当たりなことをよくしようと思いますね。
ああ、でも子供の頃に神社の境内近くのところにお金があると欲しいと思ったことはあります。
でも盗るのは怖いというのが子供心にありましたよ。
賽銭泥棒はだいたい大人の男性ですね。
日中は鍵をかけているが、夜はわざと鍵を外しているそうです。
そんなんじゃ、盗ってくださいと言っているようなものですけど、夕方には賽銭を回収するのでおそらくそれから入れた人の分でしょうね。
神社としては、賽銭だけなら良いが賽銭箱を壊されたりするのは困るそうです。
下手すると腹いせに放火されることもあるそうですよ。
放火なんて大昔から重罪なのにそんな酷い事をするような輩はさっさと逮捕して欲しいです。

ヒッチハイクは危険

ヒッチハイクはするのも乗せるのも嫌ですね。
海外ドラマを見ていると海外では普通のことのようにやっているようだけど、まあ、ドラマだからそのまま連れ去られて殺されるパターンばかりです。
同性同士だとしてもどんな人かわからないから怖いですよ。
年老いた老夫婦だから大丈夫だろうと若い女性がヒッチハイクして殺される事もありましたよ。
ドラマですけども。(笑)
あとは事故が起きた時に親切で乗せたのに訴えられたりしたら困りますしね。
自分が乗せて欲しいにしても、乗せるにしてもやっぱり簡単には判断できません。
親切なつもりで嫌な思いをする可能性だってあります。
ひとそれぞれにしても冒険はしないたちなのでやっぱり否定的ですね。

[名言探偵]

[名言探偵] 著:北國浩二
弁護士の全て平均的な兄と、弁護士になり損ねた優秀美形の弟がご近所の問題解決は出来るけど、弁護士としての収入がないって話しです。
ざっくりに言うと。(笑)
両親を亡くしていてもおじさんとおばさんに支えられていて、うらやましい限りです。
頭脳明晰でもコミュニケーション能力が全くないイケメンとは付き合えないな。(笑)
彼が「お兄ちゃんといたからつまらなくない」とか成人男性にしては幼い言い方をして、それは可愛いけど、覚えている名言をいきなり言ったり、常識がなかったりして、物語の中でさえもちょっとどうかと思いました。
一番は幼馴染のスタイル抜群で素人アイドル看護師が、お金を貯めたら結婚してあげるってのが寒気がしましたね。

こちらの勝手なイメージ

海外ドラマのシリーズものを見ていて、とあるゲイカップルがいたんですよ。
身長も同じくらいだけど、なんとなく二人の性生活のポジションはこうかなと思っていたんです。
そしたら会話の中で、私が思っていたポジションとは逆だということを知りました。
もうストーリーよりも、え?逆なの?って感想でいっぱいになりました。(笑)
片方が浮気をしてって話しだったので、もしかすると二人共はどちら側のポジションにもなれるカップルだったのかもしれません。
どちらにしても、フィクションとはいえ人様の性生活に対してあれこれ言っちゃいけませんよね。
こちらの勝手なイメージで押し付けたわけではないけど、なんとなく後ろめたい気持ちになってしまいました。

毎年行われる文具のイベント

東京ビッグサイトで毎年行われる文具のイベント。
油性ペンのように見えるが中から粉末状のお茶が出てくるものとか、チューブ型の調味料に見えるが実は蛍光ペンだとかユニークなものが多いのできっと楽しいですよね。
色を重ねていくと立体的なスタンプになるものは写真のような見てくれになります。
立体的なスタンプはいいけど、何回も押すのは面倒だなぁと思っちゃいましたけど可愛いです。
いろんな放送局で特集をするから見る機会が多くなるんですよね~。
面白そうだからいつも行ってみたいと思うんですよ。
ハンコが曲がらないように出来るやつ、押す時に光るので曲がっていないのがわかるってたしか前にも見ましたよ。
1万2000円もするので高すぎですよ・・・。

緊急停車するのが見たかった

線路に発煙筒を投げ入れて緊急停車するのが見たかったとかアホなことを言う少年たちが逮捕されました。
小学生かと思ったら17歳でした。
せめて中学生くらいじゃないですか?こんなバカなことをするのは。
しかも鉄道好きの仲間だったとのこと。
鉄道が好きなら電車を止める行為でどれだけの人が困るか、または賠償責任が発生するのかくらいはわかるんじゃないんですか?
なんで男の子ってこういう後先考えないような馬鹿なことをするんでしょうかね。
集団になると余計に手が付けられないという印象です。
みんな一緒だからやっちゃおうって雰囲気になっちゃうんですかね。
集団だとながされてしまうのかもしれませんけど、女の子よりも男の子の方が多い気がします。

警察モノの海外ドラマ

警察モノの海外ドラマを見ていると、事件が起きてからドラマが展開されるので無差別に殺される人が出てきます。
日本としては他人事ではないテロ事件だって、やはり海外での方が起きています。
東京浅草の警察署に刃物を持った男がきたときに、やはりこの時代、動画を撮影している人がいました。
警察官はまわりの人に「逃げろ!」と言っていたけど、あまり人は逃げません。
これが銃を持った人だったらまわりの人も巻き込まれているような事件でしょう。
あつまって動画をとっているなんて危機感が足りないです。
ただ警察官もまわりの人に危ないから近づくな、逃げろとか言えなかったんですかね。
逃げろって怒鳴っていたのは犯人に対してなのかと思っちゃいました。